Mr.&Mrs. スミス

こんにちはMARIです。
勝手に映画について語っていく記事、第三弾です。

この記事を通して映画の素晴らしさを共有したり、伝えたり、休日に観る映画に迷って
いる方たちのお役に立てたら嬉しいです。

前回は『バニラスカイ』について語らせていただきました。

今回は前回前々回からジャンルを変えて、アクション/エンターテイメント映画のジャンルで、
私の好きな『Mr.&Mrs. スミス [Blu-ray]』について語っていこうと思います。

この映画も何回か見てます。何回見ても楽しい!
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー出演の『Mr.&Mrs. スミス [Blu-ray]』です!

美人な人が戦ってる映画ってのは、イケナイもの見てる気分で、ドキドキしますね。
滅多に見れない姿というか、非現実的ですからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2005年・アクション/エンターテイメント

監督 ダグ・リーマン

出演 ビラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アクション映画といっても、私はアクション映画あんまり見てないけど。

数作品見たアクション映画の中でトップです!

注目するところは二点あるのですが、
まず一点目は、やっぱりアンジーの銃を持ってスマートに戦うシーンですね。

綺麗な人が戦ってる映画、好きなんですよ~。笑
美人+(持っちゃいけないであろう)銃というギャップというかアンバランスというか…
とにかく見ちゃいけないもの見てる気分になりますね。でも、見たい。的な。

例えば他に「バイオハザード」も好きなんだけど、ゾンビ怖いとかアンブレラ社がどうこうっていう目線じゃなく、

かっこよく戦うミラ・ジョヴォヴィッチまじかっこいい~!!!惚れる~~!的なミーハーな気持ちで見てます。

人間、ギャップに弱いですね。ハイ。
そして注目すべき二点目は、この映画の内容でもある、「夫婦(男女)間について」かなと思います。

この映画は、アクションでももあるんですが、夫婦の形の変化も描いてると思いますね。

ジョンとジェーンはお互いの職業が暗殺者であることを知らずに嘘の職業を伝え結婚しましたが、
結婚生活を続ける中で、すれ違いの生活に。

暗殺の仕事で、お互いのターゲットが同じだったことをきっかけに、
自分が結婚した相手が敵対する同業者だとふたりは知り、
それが夫婦の銃撃戦になるんですが…このシーンがなんだか笑っちゃう。

自宅キッチンで銃撃戦が始まるんですが、、綺麗なキッチンや冷蔵庫、グラス、壁、家ごと銃撃戦でメチャクチャに。

それまで仮面夫婦だった二人が銃撃戦を通して本当の姿をむき出しに笑

でもしかし!愛情もやっぱりあって、お互い殺せない。

毎回このシーンは感動しちゃいますね。
殺さなきゃいけないのに、やっぱり殺せない。

いくら腹が立っても殺してやろうかと思っても、そこに愛があったら、できないってなりますね。笑

よくわかります笑

きっとどの映画も見る人によって視点は違うと思うのですが、私はこの映画に関しては、
夫婦間の秘密から、正体をむき出しにして、とことんやり合う二人の変化が描かれているのも
この映画が好きな理油ですね。

ぜひ、オススメです。

スカッとするよ。

次回はジム・キャリー主演、映画「イエスマン”YES”は人生のパスワード」について書こうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記

「男女間について」

感情むき出しにしても一緒にいてくれる人っているのかと言われたら、
私もハッキリ答えることはできない。

果たして感情むき出しもどうなのかと疑問もある。

自分自身のメンタルをコントロールすることを学び始めて気づいたことがあるんです。

恋人など自分以外の人を通して怒りや嫌な感情が湧いてくると思ってたけど、
大体の原因は自分のメンタルが整ってないことが主に原因だったなと今は思う。

が、

そうではなく、

関係を良くしたいならば、
まず自分の状態を良くすることが第一だなと思います。

良いことは沢山言って、褒めるとこ真剣に褒めて、
できればもうちょっと聞き上手になりたいなと思ってる。

恋人にも、好き、愛してるという言葉は沢山言いますね。
仲いい友人にも「愛してるよ~」って伝えます。

恋人間や夫婦間って謎が多いかもしれないけど、
数分後にはそれすらも笑いあえる仲を目指したいですね。

一緒に居たい人に対して心がけていることは、
愚痴はたまーに聞いてもらって、
喧嘩しても、
豊かな心で過ごしたい。

ま、毎日豊かに過ごすってなかなか難しいと思うとき多いけど、
簡単でもある。と思うときもある。

比率をだんだん変えていけばいいね。

MARI